ポーランドの学生ビザ申請レポート【現地申請も解説!】

ビザ

ビザ

こ〜き
どうも~!ポーランドの大学で学生をやっている、ヨーロッパナビのKokiです。
こ〜き
今回3年目となるビザ(学生ビザは最大1年間有効のため)を申請し、無事に受け取ることができたので、ビザ申請のやり方を徹底解説します!

ポーランドの大学や認められている学校などへ入学される方のなかで90日以上在学される予定の場合、ポーランドの学生ビザを取得する必要があります。なお、一度に取得できるビザの発行期間は最大1年間です。複数年在学される予定の方は、1年ごとに申請する必要があります。

ポーランドの学校への入学が認められた方は基本的に、東京目黒区にある在日ポーランド大使館で申請をする必要があります。複数年在学される方は、2回目からは在日ポーランド大使館ではなく、ポーランドのそれぞれの県庁にて、滞在カード(効力はビザと同じです)を申請する必要があります。やむを得ない理由がある場合は、2回目からも日本にてビザ申請をすることができる場合もあります。

それでは、1回目の東京でのビザ申請2回目以降のポーランドでの滞在カードの申請から受け取りまで、それぞれ手順を徹底解説いたします!

1.ビザ申請in東京

ポーランドの学校への入学が認められた方は基本的に、東京目黒区にある在日ポーランド大使館で申請をする必要があります。複数年在学される方などは、2回目以降の大使館でのビザ申請は基本行わないとされていて、ポーランドのそれぞれの県庁にて滞在カード(効力はビザと同じです)を申請する必要があります

やむを得ない理由がある場合は、2回目からも日本にてビザ申請をすることができる場合もあります。

それでは、ビザ申請から受け取りまでの流れをレポートいたします!

1.ビザ申請書の発行

まず、ビザ申請書を発行する必要があります。オンラインシステムで必要事項をすべて記入し、印刷・署名をします。このオンラインシステムでは、英語またはポーランド語のみしか対応されていないため、一通り日本語で説明します!

ビザオンラインシステム

オンラインシステムからのみ申請書が発行できます。まずは、ポーランドビザのオンラインシステム「e-Konsulat」を開きます。

申請場所を選択

ポーランドビザ申請1

申請する場所を選択

ポーランドビザ申請

ナショナルビザを選択します。

ビザ申請や受け取りの場所を選択します。在日ポーランド大使館は東京にあるので、国名のところに「Japan」(ポーランド語の場合は「Japonia」)、都市名のところに「Tokyo」(ポーランド語で「Tokio」)を選択します。すると、右側のMENUに、ナショナルビザ(ポーランド語で「Wiza krajowa」)かシェンゲンビザ(ポーランド語で「Wiza schengen」)の2つが選ぶことができます。学生ビザの場合はナショナルビザを選択して、次に進みます。

予約日時を選択する

ポーランドビザ申請

画像に書かれている文字を入力します。

ポーランドのビザ申請4

申請しに行く日時を選択し予約する

続いて画像に書かれている文字を入力し、「Continue」をクリックします。そして、申請しに在日ポーランド大使館へ行く日時を選択して、予約をします。

早めに予約をしましょう

なお予約は2週間~3週間前から出来ますが、日程は先着順で埋まってしまうので、特に夏シーズンなどの混雑が予想される時期は、お早目の予約をおススメしています。また、予約が相当混雑している場合は予約自体も出来ないことがありますので、注意しましょう。

余裕を持った日程を組みましょう

ビザは基本的に大使館では即日発行されることもありますが、平均して1週間から2週間かかり、夏シーズンなど特に非常に混雑する恐れのある時期は、ビザの発給期間が申請から2週間を超えることもあります。余裕を持った日程で予約をしましょう。

こ〜き
体験談としては、11月に申請したときは即日発行されたこともありました!しかし7月や8月の混雑しているときに申請したときは、2週間以上かかりました・・・。また、大使館から追加書類の提示を要求されることがありますので、その場合はもっと時間がかかるようです。

個人情報を入力する

ポーランドビザオンライン申請ポーランドビザオンライン申請

ビザ発給に必要な個人情報をすべて入力します。こと細かく情報を要求されるので、注意です。万が一間違えていても大丈夫です。当日大使館にて訂正することもできます。

2.必要書類を用意

まず最初にやらなければいけないのが、申請に必要な書類を用意することです。必要書類がないと申請が却下されてしまいますので、要注意です。2019年7月現在の申請に必要な書類は以下の通りです。

  1. ビザ申請書- オンラインシステムで必要事項を全て記入のうえ、印刷・署名(パスポートと同じもの)したもの
  2. 写真1枚- 3ヶ月以内に撮影された、フルカラーでパスポート規格を満たすもの(35mm×45mm)。背景は白色のみ可。顔は全体が写っており、高さが写真の70%(32mm)以上を占めていること
  3. パスポート(旅券)- 過去 10年以内に発行されており、有効期間が目的地からの出国日より3ヶ月以上残っているもの。未使用ページが最低2ページ必要
  4. パスポートの顔写真ページのコピー
  5. 過去に取得したポーランド/シェンゲンビザがある場合、そのコピー
  6. (外国籍の方の場合)有効な日本の在留カード原本およびコピー(両面)
  7. ポーランドの大学からの入学許可証原本
  8. 学費が支払い済みであることの証明- ポーランドの大学が学費の支払い確認後に発行する証明書。交換留学等で学費免除の場合、そのことが明記された大学発行の書類が必要。入学許可証等に併記されている場合はそれでも可
  9. 日本の大学の在学証明書
  10. 往復予約済み航空券または予約確認書- 搭乗者名・日時およびフライトナンバーの記載があり、日本‐ポーランド間の全ての経路が確認できるもの。復路の航空券を未購入または日程を変更する予定の場合、自筆署名入りの宣誓書(申請時点で復路の航空券を所持していない理由と、復路の航空券を後日購入する用意があり、滞在の目的が終了した後はポーランドから出国する意思を記したもの)を併せて提出
  11. 滞在場所の証明書類- 大学が発行する学生寮の入寮許可書や滞在の全期間をカバーする賃貸契約書など、正確な住所および滞在可能期間が記載されたもの。入学許可証等に併記されている場合はそれでも可
  12. 海外旅行傷害保険の加入証明書- ポーランドを含むシェンゲン圏で有効な、緊急一時帰国・救援・治療・入院や死亡などの費用を補償するもの。補償額は上述の医療項目の合計について最低30,000ユーロ以上必要。滞在の全ての期間をカバーするもの。保険会社が発効する、被保険者氏名・有効地域・有効期限および補償項目と補償額が確認できる証明書を提出する
  13. 滞在資金を証明する書類(以下①,②のいずれか)
    ①申請者名義の有効なクレジットカードの利用可能額(限度額)の証明書- カード会社が発行する、印鑑またはサイン入りの原本
    ②申請者が所有するポーランドの銀行口座、あるいはポーランドに支店を持つEU加盟国の銀行口座の残高証明書原本
ビザの最新情報は大使館のページで要確認!

こちらのビザに必要な書類は2019年7月現在の情報です。必要書類はよく変わることがありますので、詳しくは大使館の学生ビザページを確認してください。不安な場合は、大使館へメールなどで問い合わせてみましょう。

3.東京の大使館で申請

予約した日時に、在日ポーランド大使館へ行きます。

恵比寿駅からは、ガーデンプレイスが見えたら右へ曲がりしばらくまっすぐ、坂を下りて左へ曲がり、すぐに右へ曲がるとポーランド大使館が見えます。

ポーランドビザ申請のレシート

ビザ申請のレシート

ビザ申請が受理されたら、このようなレシートを受け取ります。このレシートは、ビザを受け取る際に必要となりますので、必ず受け取るまで保管しておきましょう。

4.発給のメール・電話が来る

ポーランドビザ申請の結果メール

ビザ申請の結果メール

ビザが発給されると、メールか電話(どちらで連絡してほしいかを申請時に言えば、どちらかでしてくれると思います)にて、ビザ発給通知が届きます。書かれている通り予約は不要なので、領事部のビザ申請の受け付け時間内に在日ポーランド大使館にて発給することができます。

5.大使館でビザを受け取る

ポーランドの学生ビザ申請

ポーランドの学生ビザ

メールが来たら、大使館再度行き、ビザを受け取りましょう。ビザはパスポートの中で発行されます。受け取りの際は有効期限など十分にチェックしましょう。慎重にチェックしたら、受け取りの署名をしましょう!これで完了です。

2.滞在カード申請inポーランド

 複数年在学される方は、2回目からは在日ポーランド大使館ではなく、ポーランドのそれぞれの県庁にて、滞在カード(効力はビザと同じです)を申請する必要があります。やむを得ない理由がある場合は、2回目からも日本にてビザ申請をすることができる場合もあります。

東京の大使館では申請から即日~2週間程度でビザを受け取ることができますが、現地申請の場合は、申請から滞在カード受け取りまで6か月~1年もかかることが多いそうで、しかも有料で大変です。

投稿者プロフィール

Koki
ポーランド・ワルシャワのショパン音楽大学ピアノ専攻在学中の二十歳。元読売新聞ジュニア記者でデスクも担当していました!
ピアノ歴は5年と新参者ですが、音楽だけでなくヨーロッパナビの運営やヨーロッパ内での日本語交流会のイベントの開催など、さまざまな活動をしています!野球などスポーツも大好きで、ヒッチハイクやバックパッカーもしている怪しい人間です。笑

人気記事

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。