ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2019のチケットの買い方、倍率、公演内容等情報ナビ!

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は1日、ウィーン楽友教会大ホールにて、毎年恒例のウィーン・フィルニューイヤーコンサート2018を開催し、来年2019年1月1日に行われるニューイヤーコンサートの指揮者にクリスティアン・ティーレマン(58)を選任したと発表しました。

ティーレマン

楽団員全員による投票によって決定されているニューイヤーコンサート。今年は14年ぶり5回目となる、リッカルド・ムーティ(76)が指揮しました。私も行きましたが彼の指揮は団員を変えます。顔つきからまったく違いますね。巨匠らしくかなり重みがある上、ひとりひとりが彼の指揮で一つになっているのです。ここまで全体の構成を把握し、すべての音が集中している演奏を聴いたことがなく、聴衆までも集中させられ、とても感動しました。

そして毎年ニューイヤーコンサート後に指揮者が発表されますが、来年のニューイヤーコンサートにティーレマンが選ばれました。ティーレマンは、リヒャルトのほうのシュトラウスのイメージが強いですね。彼のウィンナーワルツというものが想像できないわたくしですが、、でもいつかはニューイヤーで指揮するのではないかな~と思ってはいましたがまさか、、というのが正直な感想です。

指揮者ティーレマンの生い立ちから、チケットの入手方法までをナビします。

ティーレマンの生い立ち

1.指揮者になるまで

ドレスデン・シュターツカペレ首席指揮者のイメージが強いティーレマンは1959年、音楽好きの両親のもと、ドイツ・ベルリンで生まれました。5歳でピアノを始め、他にも多くの楽器で数々の賞を受賞しています。そしてベルリンのシュテルン音楽院で作曲と指揮を学び、ベルリン・ドイツ・オペラで指揮していたハインリヒ・ホルライザーに認められ、19歳ベルリン・ドイツ・オペラのコレペティートアに採用されました。

2.指揮者としての活躍

コレペティートアとして経験を積み、ベルリン・ドイツ・オペラ、ニュルンベルク州立劇場、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督にそれぞれ就任していました。2012年から現在にかけて(2024年7月31日まで契約延長)、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者を務めていて、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ともよく客演しています。

ベルリン・ドイツ・オペラでの活躍
1991年にベルリン・ドイツ・オペラにデビューしたティーレマンは、様々な舞台で活躍し、1997年~2004年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督に就任しました。

純粋なドイツ人指揮者、しかも音楽学校出身で指揮者コンクールに入賞した指揮者が広く活躍している近年の音楽界の中で、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーやハンス・クナッパーツブッシュといった、かつてのドイツ人指揮者と同じく歌劇場でカペルマイスターの修業を積んだ指揮者として、国際的に脚光を浴びるようになっていったのです。

ベルリン・ドイツ・オペラでは、有名なものから無名なものに至るまでのリヒャルト・シュトラウスの作品及び『さまよえるオランダ人』から『パルジファル』までのワーグナーの主要作品を上演してスペシャリストとしての名声を確立した他、モーツァルトやプフィッツナーの作品、あるいは現代作品も数多く手がけます。

現在のところティーレマンのレパートリーの中心はワーグナーやリヒャルト・シュトラウスを中心としたドイツ・オペラでありますが、イタリアの作品やフランスの作品へも積極的に取り組む姿勢を見せています。

ベルリン・ドイツ・オペラの総監督として実り多い活動を展開したが、2000年頃より始まったベルリンの三つの歌劇場をめぐる政治改革(ベルリン市の財政逼迫につき、閉鎖・合併を含めた予算的・人的整理が目的)を経た後、ティーレマンはベルリン・ドイツ・オペラの楽員や上演に当たっての条件改善を訴えるも受け入れられず、「削減された限られた予算で芸術的水準を保つのは不可能」として、2004年のシーズンをもって辞任することとなってしまいました。

ジェームズ・レヴァインの後任として、2004年より7年間の契約でミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督に就任することが決定しており、ティーレマンとしてはベルリンとミュンヘンとを拠点として活動する予定であったが、ベルリン・ドイツ・オペラ辞任によりミュンヘンを中心に活動していくこととなりました。

ミュンヘン・フィルでの活躍
2004年10月29日、音楽総監督就任披露演奏会を開催し、ティーレマンの得意とするブルックナーの交響曲第5番を演奏しました。この演奏が高く評価され、ブルックナーの交響曲全集の完成が計画されていました。順調に活動を行ったティーレマンとミュンヘン・フィルは、突如亀裂が走ることになる。2012年以降の契約の更新に際して、ミュンヘン・フィルを運営するミュンヘン市は客演指揮者とプログラムの選定に関する権限を楽団総裁に与え、結果として音楽総監督の芸術的権利を制限することとしました。ティーレマンはこの条項に納得せず交渉が決裂し、2011年、ミュンヘンを去ることとなってしまいました。
シュターツカペレ・ドレスデンでの活躍
2012年のシーズンより7年間の契約で、チューリッヒ歌劇場に転出するファビオ・ルイージの後任として、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に就任しました。ルイージが定期公演を病気でキャンセルした際、ティーレマンがその代役としてブルックナーの交響曲第8番を指揮し、それをきっかけとして、ルイージの後任を探していたドレスデンとの交渉がまとまったのです。現在は2024年7月31日まで契約が延長されています。

3.ウィーンフィルとの関係

シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者であるティーレマンですが、ウィーン・フィルとの関係も良いのです。定期演奏会、特別演奏会や音楽祭、演奏旅行など共に頻繁に演奏活動をしています。ベートーヴェンの交響曲全曲演奏会とその録画・録音も行いました。彼はウィーンにおいて、次代を担うドイツ巨匠格指揮者として確固たる地位を築いています。

指揮について

彼の指揮はとても牽引力があるといわれ、テンポが面白く勢いがあります。この前ワーグナーの演奏を聴いたときは、潜んでいた火溜りが一気にドカ~~~ンと跳ね返るその力の勢いに圧倒されたような感じがあり、衝撃を受けた指揮者の一人でした。そして彼の指揮はなぜか他の指揮者に比べ、オーケストラが大きいように感じます。壮大で全体的に重く(重低音が特に)、昔でいうハンスクナッパーツブッシュのような感じです。しかも繊細で音楽の方向性をしっかりと把握しています。振り方も何か特徴があって面白いです。一回演奏を聴いたら、何だこの指揮者は?!となることは間違いないでしょう。

日本人の間では好き嫌いがかなりはっきりしているようですが、ウィーンフィルとの関係も良いですし、きっと地元の人たちも歓迎しているでしょう。

リヒャルト・シュトラウスやワーグナー、ブルックナーなどを特に得意としているようで、ティーレマンのウィンナ・ワルツが想像できない人は多いでしょう。わたくしもものすごく楽しみです。

ウィーン・フィルニューイヤーコンサートのチケット倍率、買い方、入場方法等楽友教会情報ナビ!

チケットの入手方法

世界一チケットを取るのが難しいといわれているウィーンフィルのニューイヤーコンサート。倍率が30万倍となる公演もあったという。

実は、ウィーン・フィルには特殊な事情があるようで、定期公演やニューイヤーコンサートはスポンサーなどに手配されることが多く、正規で購入することなど到底出来ない。スポンサーなどに手配されたものが売られ、特に日本人が多く買い求めるうちに、価格が100万円以上する席も出てくるようになった。座席に座っている方の殆どは二桁万円支払っているようだ。

数十万円なんて出せなくて、あきらめてしまう人がほとんど。ではどうやってチケットを入手することが出来るのか。チケットの入手方法はだいたい4つあります。簡単にまとめてみました!

1.公式チケット購入

ウィーン・フィルから直接チケットを購入する方法です。ただ、ご存知の通り世界中が注目するコンサートで、毎年抽選となります。なので、この方法でチケットを購入できる人はほぼいません(極まれにあたる方もいる)。ただ、抽選は無料で参加でき、もし当たったら定価で購入できるので是非抽選には参加しましょう。

メリット
定価で購入できる 公式なので安心して購入できる
デメリット
倍率が高すぎてほぼ外れる

★チケットの定価

ニューイヤーコンサート 35ユーロ(4800円程度)~1090ユーロ(15万円程度)

ジルヴェスターコンサート 25ユーロ(3400円程度)~800ユーロ(11万円程度)

プレヴューコンサート 20ユーロ(2800円程度)~495ユーロ(7万円程度)

※()内の日本円は2018年1月現在(1ユーロ約135円)のレートです。

なお抽選の申し込み期間は1月2日~2月28日です

詳細はこちら

チケットの購入方法

①こちらの右上のログインページからREGISTER/LOGINDEボタンをクリックし、「今すぐ登録」を押す。

②「登録する」の下を埋める。STRASSE/HAUSNUMMER/TÜRは番地を含めた町村名以下の住所、PLZは郵便番号。場所は市。

③Your Account Please choose from the options in the upper menuと出たら登録が完了しますが、その画面にあるVerlosung Neujahrskonzertを押す。

④希望の席や人数を選択し進む

⑤Drawing of Tickets for the End of Year Concerts 2018/19と出てきたら申し込みが完了。

⑥3月になったらまたログインして、そのページを確認する。

2.旅行ツアー会社のツアーに参加する

メリット
ホテルやチケットを手配してくれる

ウィーンの観光ガイド付き

確実にチケットが手に入る

初めての方にはかなり安心

デメリット
相場が150万円ほどする

3.チケット手配会社に依頼

ウィーンのチケット手配会社に依頼するという方法もあります。ただ、ニューイヤーコンサートは大変人気なため、なかなか手に入りにくいと思います。そして会社によっては、手配手数料がかなりすることがあります。ニューイヤーイヴコンサートは立ち見で150ユーロくらい

メリット
チケットが手に入る可能性がある
デメリット
会社によってはトラブルの可能性がある

人気の公演だとチケットを持っていない可能性が高い

かなりの価格を提示される(10倍くらい)

個人的にオススメしているのがオテロチケットオフィス/フランツ・イルザという手配業者さん。手配手数料も比較的安く安心で、日本語完全対応

4.現地でダフ屋を徹底的に聞き込み

これはわたくしもやりました!!!今年は巨匠ムーティの指揮ということで今世紀最大チケット取るのが難しいといわれていましたが、がんばって20人くらいに聞き込んだ結果、一番安くて立ち見のチケットが250ユーロ(現在のレートで約34000円)。やっぱムーティということでめちゃくちゃ高いですが一応手に入るんだな~と思いました。(自分は直後にウィーンで知り合った日本人のかたに定価で譲ってくださることが出来たという幸運に恵まれる)

シュタッツオーパー(ウィーン国立歌劇場、オペラ座)の周りにはたくさんのダフ屋が集まっています。結構話しかけられます。ただくれぐれもトラブルにはご注意ください。チケットをちゃんと見せてもらい、きちんと確認してから購入しましょう。

メリット
直前でもチケットが手に入ることがある
デメリット
トラブルの可能性がある

人気の公演だとチケットを持っていない可能性が高い

かなりの価格を提示される(10倍以上)

ウィーン・フィルニューイヤーコンサートのチケット倍率、買い方、入場方法等楽友教会情報ナビ!