マドリード王宮の見所,開館時間,入場料,行き方等観光情報ナビ!

玉座の間マドリード王宮

玉座の間

 スペインの首都・マドリードにあるもっとも人気な観光地がマドリード王宮(Palacio Real de Madrid)。マドリードに訪れたなら絶対欠かせない観光地です!

マドリード王宮は、西ヨーロッパでもっとも大きいと言われている宮殿で、スペイン国王が1931年まで住んでいたとして知られています。

こ〜き
国王が住んでいただけあって豪華なインテリアが非常に魅力的で、当時の王族のセレブな生活を感じることができて、非常に面白かったです!

マドリード王宮のアクセスから営業時間、入場料金、見どころ、チケットの買い方など基本情報をガイドします。

見どころ

マドリード王宮

もともと王宮のある場所は、10世紀頃からマイリットと呼ばれる要塞がありましたが、マドリードがカスティーリャ王の支配下に入り、王の邸宅として使われるようになりました。フェリップ二世が宮廷をマドリードに遷し、邸宅を改築してその後の王も改築して住んでいたと言われています。

しかし1734年に、なんと火事で宮廷が全焼します。そして新しい宮殿の建設が、フェリップ五世バーボン王の命令により始まりました。当初はバロック様式で設計されていましたが、元の建築家が亡くなったため計画が破綻し、フランスのルーブル美術館を連想させるようなロココ様式とクラシック様式に計画が変更されました。そして異母弟であるカルロス三世の時代である1764年、現在のマドリード王宮が完成しました。150m四方の建物の中に2700を超える部屋があるとても広い宮殿です。

こ〜き
ルーブル美術館にも行ったことありますが、やはり部屋の配置など非常に似ている部分が多くて、非常に面白かったです!

今は国王や家族はこの宮殿には住んでおらず、マドリード郊外・サルスエラ宮殿で暮らしているそうです。稀に国の公式行事などでこの宮殿に来られることもあるそうです。現在も在位中の国王・フェリップ六世の結婚式披露宴は、宮殿中央にある庭園で行われたそうです!

こ〜き
オーディオガイドは3ユーロで日本語も対応しているので、オススメです!スマートフォンアプリ(およそ220円の有料アプリ)でのガイドもあり、それも大変オススメです!(Android / iPhone)

大階段

マドリード王宮大階段

大階段

まず入って最初に登場するのがこの王宮の玄関口にあたる巨大な空間 大階段です。およそ70段ある大理石の階段はイタリアの建築家フランチェスコ・サバティーニが設計しました。そして上を見上げると、イタリア人画家ジャクイントによるCorrado Giaquintoの天井画があり、非常に美しく素晴らしい空間です!

こ〜き
入った瞬間、オペラ座のような重厚感のある素晴らしい空間があって、なんだかセレブになった気分になりました。笑

玉座の間

玉座の間マドリード王宮

玉座の間

王と王妃の玉座があるお部屋で、王宮の中でももっとも大きいお部屋です。 銀糸の刺繍入りで重厚感ある真紅のビロードで覆われている壁や、ペネツィアンガラスでできたシャンデリアなどが非常に美しいです。この豪華なシャンデリアのある部屋は、ベルサイユ宮殿をイメージして造られたと言われています。

マドリード王宮玉座の間
こ〜き
ここにある天井画はイタリア人画家ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロによる素晴らしい絵で、マドリード王宮で一番の見どころでした

このお部屋は、来賓などを迎えるレセプション会場として現在は使われています。

部屋の中は全て撮影が禁止されています。ホールや大階段などが撮影が許されていますが、これだけの魅力的な建物はなかなかないので、ぜひ肉眼で楽しみましょう!

音楽の間

ヴァイオリン

7台の歴史あるストラディバリウス

この部屋にはなんと、1台でおよそ20億円はするとも言われているこのストラディバリウスが7台もあるのです。

こ〜き
ポーランドのショパン音楽大学の僕の同期のヴァイオリン科のポーランド人も、「このヴァイオリンは本当に音が古典的で絶対美しいから弾きたくてしょうがないんだけど、壊したらもう人生の終了だ」と言っているほどこの部屋のヴァイオリンは知られています。

王宮礼拝堂

マドリード王宮礼拝堂

王宮礼拝堂

1749年から1759年にかけて造られた儀礼のための部屋で、ブラド美術館の建設を手掛けたペントウラ・ ロドリゲスがデザインしました。天井画は璧母戴冠を題材にしています。

こ〜き
今までヨーロッパのたくさんの教会に行きましたが、こんな派手な教会はありませんでした!!さすが王様の教会ですね。

饗宴の間

現在も宮中晩餐会が開かれる大広間です。3つの天井画のうち1つはコロンブスが地球に見立てた青い球体をイザベル女王に手にする場面が描かれています。

ガスパリ―二の間

18世紀当時の装飾が残された最も豪華な部屋です。サテンに銀糸の縫い取りが施された壁や隙器の天井、30年の歳月をかけて造られたモザイク のテーブルは必見です。

マドリード王宮のすぐそばにある武器博物館。なんと、マドリード王宮のチケットで入場することができます!当時の武器などをたくさん楽しめることができ、オススメです!

チケットの買い方

チケットの買い方はいたって簡単です。2つのやり方があります。

1.現地で購入する

支払い

マドリード王宮のチケットオフィスで購入することができます!しかし、マドリード王宮は非常に人気の観光地なので、チケットオフィスはいつも混雑しています。料金は以下のマドリード王宮の基本情報・入場料金でご確認できます!

こ〜き
自分も1時間ほど並んだので、現地で購入することはあまりお勧めできません!

2.オンラインでチケットを事前に予約・購入する

マドリード王宮の公式サイトでは、オンラインでチケットを購入できるシステムがあります。非常に便利です。しかも、時間指定して予約ができるので、ほぼ並ばずにスムーズにマドリード王宮へ入場できます

まず、マドリード王宮のオンラインチケットのページを開きます!そこから手順を説明します!

1.buy ticketを選択します

1.buy ticketを選択します

2.もう一度buy ticketを選択します

2.もう一度buy ticketを選択します

3.訪問する日付を選択します!

3.訪問する日付を選択します!

4.時間を指定してSelect hourをタップします!

4.時間を指定してSelect hourをタップします!

5.チケットの種類を選びます!

5.チケットの種類を選びます!

6.支払い金額を確認します!

6.支払い金額を確認します!

7.個人情報を入力します!

7.個人情報を入力します!

ここまで行くと、クレジットカードなどでの支払いを済ませ、チケットをオンライン上で受け取ることができます!そのチケットを当日、チケットオフィスの横にある事前購入の方専用ゲートへ入り、スムーズにマドリード王宮へ入場することができます!非常に簡単ですね!

アクセス

マドリード王宮の場所は非常にわかりやすいです。スペインの首都・マドリードの中でも中心地に位置しています。だからどこからでもアクセスしやすく、マドリード王宮の周辺にもたくさんの観光スポットが集まっています。

メトロ「Opera」駅から徒歩5分?!

マドリードのメトロオペラ駅

メトロ・オペラ駅

2番メトロ、5番メトロが通る地下鉄メトロ駅「Opera」駅。出口「Plaza de Espana」を出るとすぐにスペイン広場が見え、まっすぐ進んでおよそ5分でマドリード王宮に到着します!

他にも3番、25番、39番、148番バス「Plaza De Oriente」駅から徒歩およそ3分、通勤電車「Príncipe Pío」駅から徒歩15分と非常に便利なアクセスです!

マドリード王宮の位置

  • 住所:Plaza de Oriente, Madrid

基本情報

フェリペ5世の命により建築が始まり、1764年に完成。150m四方の建物の中に2700を超える部屋があり、現在も公式行事に使われています。

基本情報
  1. 観光地名
    日本語:
    マドリード王宮 
    スペイン語:Palacio Real de Madrid
  2. 休館日
    ・1月1日
    ・1月6日
    ・5月1日
    ・12月25日
    その他公式行事が行われる時。
  3. 開館時間

    ハイシーズン(4月1日〜9月1日)

    日曜日10:00〜20:00
    月曜日10:00〜20:00
    火曜日10:00〜20:00
    水曜日10:00〜20:00
    木曜日10:00〜20:00
    金曜日10:00〜20:00
    土曜日10:00〜20:00

    ローシーズン(9月2日〜3月31日)

    日曜日10:00〜18:00
    月曜日10:00〜18:00
    火曜日10:00〜18:00
    水曜日10:00〜18:00
    木曜日10:00〜18:00
    金曜日10:00〜18:00
    土曜日10:00〜18:00

    ※閉館時間の1時間前まで入場できます。

  4. 特別営業時間
    ・10月12日:17:30〜21:00
    ・12月24日:10:00〜15:00
    ・12月31日:10:00〜15:00
  5. 所要時間
    およそ90分 ※あくまで目安です。
  6. 公式ホームページURL
    http://www.patrimonionacional.es
  7. 入場料

    ハイシーズン(4月1日〜9月1日)

    一般価格13ユーロ
    割引価格 7ユーロ

    ローシーズン(9月2日〜3月31日)

    一般価格12ユーロ
    割引価格6ユーロ


    ※割引価格対象者:オフィシャルファミリーブックによる認定を受けた大家族の個人会員。
    5歳から16歳までの市民 身分証明書または14〜16歳のパスポートによる認定。
    欧州連合の加盟国またはラテンアメリカ諸国の65歳以上の人。身分証明書、パスポート、運転免許証、就労許可証または居住許可証によって。
    最新の国内または国際学生証付きの25歳までの認定学生
    ※無料対象:5歳未満の子供。
    5月18日、国際博物館の日
    月曜日から木曜日の16時〜18時 (10月から3月)そして18時から20時(4月から9月まで)
    オフィシャルファミリーブックによる認定を受けている大家族、またはEUおよびラテンアメリカ諸国の居住者または同等の国籍の労働許可の同等者
    ICOM(国際博物館評議会)のメンバー(その組織の認定カード必要)
    公式観光ガイドカード付きの公式観光ガイド。
    個々の教授は教員カードで訪問します。
    認定を受けた障害者
    法的状況にある失業の状況にある者で、雇用デマンドカードまたは主務機関が発行する同等の文書を所有している方
    国籍の認証(国民身分証明書、パスポートまたは運転免許証)または居住許可または労働許可証に従う、その地域でのEU加盟国、居住者および労働者の保有者(無料オファーはガイドなしのツアーに限られています。ガイド付きグループの訪問は無料ではありません。チケット売り場のみで受付でいます)

  8. 予約
    チケットはこちらで購入することが出来ます。
    当日の購入でも、混んでいる時でも10分ほど並べば当日にチケットを購入することもできます。ただ、特別な日や観光客の多い日の場合など心配な方は事前に予約することをお勧めします。
  9. オーディオガイド
    あり(有料4ユーロ、日本語あり
  10. 写真撮影
    部屋内部の撮影が禁止されています!

※アプリでの案内もあり大変オススメです!Android / iPhone)※およそ220円

人気記事