【ウィーン】ヨハンシュトラウスの住居の見所、行き方、お土産等観光情報ナビ!

ヨハン・シュトラウスの住居

ヨハン・シュトラウスの住居

世界一のコンサート”として世界各国で毎年1月1日に生中継される、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサート。このコンサートでは、ヨハン・シュトラウス2世の作品を中心に毎年構成されていて、世界中に親しまれる作曲家です。

彼はオーストリア・ウィーンを中心に活躍し、「美しき青きドナウ」などの世界中に知られている多くの有名作品が生まれた彼の家「ヨハン・シュトラウスの住居」が、現在も博物館として残っており、世界中のファンや観光客が足を運んでいます。

この記事では、「ヨハン・シュトラウスの住居」の見どころやアクセス、所要時間、お土産等基本情報を徹底解説します!

こ〜き
ヨハン・シュトラウスは、僕が最も好きな作曲家のひとりです。彼の作品に出会わなければ、今ヨーロッパで音楽を学ぶ人生にはならなかったんじゃないか、というくらい、自分の人生にとって非常に大きな存在のひとりです。少しでもその“愛”を伝えていければな、と思います。笑

みどころ

ヨハン・シュトラウス2世(息子)は、1860年半ばから1870年半ばまでこのプラーターシュトラーセに住んでいました。人気絶頂だった全盛期、当時の世界的スターだった彼は、ロシアを含んだヨーロッパや、さらにはアメリカまで演奏旅行で巡りました。

ベーゼントルファー

ヨハンシュトラウスのグランドピアノ

ベーゼントルファーのグランドピアノ

もっとも見どころなのがこのベーゼントルファーのグランドピアノです。彼が愛用していたピアノとして有名です。

アマティ

アマティのヴァイオリン

アマティのヴァイオリン

こちらは「ワルツ王」が所有していた、アマティのヴァイオリン。これもも見どころのひとつです。

美しく青きドナウ

この家では、「非公式のオーストリア国歌」と言われていた「美しく青きドナウ」が作曲されました。この曲は“世界一のコンサート”として世界各国で毎年1月1日に生中継される、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートにて毎年、アンコールのラデツキー行進曲の前に、同じくアンコールで演奏される曲です。皆さんも聴いたことあるのではないでしょうか。

美しく青きドナウの自筆譜

美しく青きドナウの自筆譜

楽譜などの資料

シュトラウスの楽譜たち

シュトラウスの楽譜たち

彼の作品に関する資料などもたくさん展示してあります。

アクセス

ウィーン地下鉄メトロ

ウィーンのメトロ

ウィーンのヨハンシュトラウスの住居は、駅からわずか1分のところにあり、ウィーンの市内中心部からも近く、アクセスは非常に便利だと思います。

ということで、ヨハン・シュトラウスの住居までの行き方を一通り画像つきでご紹介いたします!

住所・アクセス方法

1020 Vienna, Praterstraße 54

  1. Nestroyplatz駅(メトロU1線)から徒歩すぐ
  2. プラターシュテルン駅(Wien Praterstern)駅(S1,2,3,4,7,80,R,west bahn)から徒歩4分

 

最寄駅はNestroyplatz駅、なんとそこから徒歩1分!

Nestroyplatz駅

Nestroyplatz駅

 ヨハン・シュトラウスの住居はウィーンの街の中心部近辺に位置するため、行き方が非常にわかりやすいかと思います!ウィーン地下鉄の中心でもあるシュテファンスプラッツ(Stephansplatz)駅からはわずか2分(2駅)の、Nestroyplatz駅から徒歩わずか1分と、アクセスが非常に便利です。

Nestroyplatz駅は、地下鉄メトロ1号線(U1)が通っています!

出口は「Praterstraße」

Nestroyplatz駅出口

出口は「Praterstraße」

ヨハン・シュトラウスの住居へ行くには、「Praterstraße」と書いてある出口へ進みます。

出口を出てすぐ!

出口は「Praterstraße」

出口を出てまっすぐ

ヨハンシュトラウスカフェ

出口を出てすぐにあるカフェ

出口を出てすぐ、ほんのちょっと歩くとそこにはカフェがあります。そのカフェの手前にある、アパートメントがヨハン・シュトラウスの住居があるアパートです。

門の鍵を開ける

ヨハン・シュトラウスの住居の札

表札

ヨハン・シュトラウスの住居のインターホン

インターホン

アパートには、ヨハン・シュトラウスの住居の表札があります。一般の方も住んでいるアパートのなかにあるためセキュリティの関係で門には鍵がかかっています。インターホンのようなボタンがあり、営業時間内にそのボタンを押すと、ドアを開けてくれるような仕組みになっています。押しても開かない場合は従業員の方がどっかに行ってしまっていることもあるので、時間をあけるか何度も押してみましょう。

1階(日本式の2階)へ進む

もう一つ門があります。笑

階段またはエスカレーターで1階(日本式の2階)

もう一つ門をくぐりますが、そこはほとんど鍵はかかっていません。門をくぐるとすぐに階段やエスカレーターがあるので、1階(日本式の2階)へ登りましょう。

ヨハン・シュトラウスの住居の入り口

ヨハン・シュトラウスの住居の入り口

ヨハン・シュトラウスの住居の入り口

登ってすぐ見える入り口。非常にわかりやすい場所にあると思います。このように、駅を出てから入場までは非常に簡単ですね。

チケットの買い方

ヨハン・シュトラウスの住居のレジ

レジ

入り口を入ってすぐに見えるこちらのレジ。こちらのレジではチケットはもちろんのこと、お土産も購入することができます。2019年7月現在は通常料金は5ユーロです。決済は現金のみでカードが使用できませんので、事前に用意しておきましょう。

ヨハンシュトラウスの住居チケット

チケット

こちらがチケットです。ウィーンはクラシック音楽の有名作曲家が多くいて、ベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、ハイドンなどの生家や住居の博物館が多く集まっています。それらの博物館も、このようなチケットとなります。

補足情報

基本情報
  1. 観光地名
    日本語:
    ヨハン・シュトラウスの住居(ヨハン・シュトラウスの家)
    ドイツ語:JOHANN STRAUSS WOHNUNG
    英語:Apartment Johann Strauss
  2. 開館時間
    日曜日10:00〜18:00
    月曜日休館日
    火曜日10:00〜18:00
    水曜日10:00〜18:00
    木曜日10:00〜18:00
    金曜日10:00〜18:00
    土曜日10:00〜18:00

    ※閉館時間の30分前まで入場できます。
    13時~14時までの1時間お昼休みがあります。

  3. 休館日
    1月1日、5月1日、12月25日
  4. 定休日
    祝日を除いた月曜日
  5. 所要時間
    およそ30分 ※あくまで目安です。
  6. 公式ホームページURL
    https://www.wienmuseum.at/de/standorte/johann-strauss-wohnung.html
  7. 入場料
    一般:

    大人5ユーロ
    割引(学生や高齢者、ウィーンカード所持者)4ユーロ
    19歳まで無料

    毎月第一日曜日はすべての方が無料で入場できます!

  8. 予約
    なし
  9. 写真撮影
    可能です!(フラッシュ撮影はNG)

  10. フリーワイファイ
    なし

※これらの情報はすべて2019年現在です。最新の情報は公式ホームページよりご確認下さい。

投稿者プロフィール

Koki
ポーランド・ワルシャワのショパン音楽大学ピアノ専攻在学中の二十歳。元読売新聞ジュニア記者でデスクも担当していました!
ピアノ歴は5年と新参者ですが、音楽だけでなくヨーロッパナビの運営やヨーロッパ内での日本語交流会のイベントの開催など、さまざまな活動をしています!野球などスポーツも大好きで、ヒッチハイクやバックパッカーもしている怪しい人間です。笑

人気記事

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。