イタリアの治安

身体に危害が加わる危険は多くありませんが、観光地を中心にスリ、置き引き、ひったくりなどに遭うケースがあとを絶ちません。十分気をつけて、注意ひとつで全然違うものです。

■スリ・ひったくり
交差点や細い道で、後からバイクの2人乗りが近寄ってきて、バッグをひったくられる被害が。1人で細い路地を歩かないようにし、バッグは車道と逆側に持つこと。
■パスポート(旅券)の紛失
最寄りの警察署で紛失証明書を発行してもらい、最も近い都市の日本大使館・領事館にオープン時間内に出頭し、再発給の申請・発給を受けなくてはなりません。
■トラブルに巻き込まれたら?
パスポートを盗まれると再発給に時間がかかるため、ツアーの場合、1人とり残されることに。発給までの滞在費、通訳などの費用、交通費など、思いもよらぬ高額な費用もかかります。
■海外旅行保険に入って行こう
盗難や病気、ケガ、交通事故など、もしもの時のために海外旅行保険に入っておきましょう。万一の場合、補償やサポートが受けられ安心です。
セキュリティポーチ

▲便利なセキュリティポーチ

マナー

例えばショッピングで、レストランでなど、旅をしてみて初めて気づくその国独特のマナー。日本にはないチップの習慣など、日本人は特に戸惑いがちです。あらかじめ確認しておけば安心です。

■チップ
人の手が加わって受けるサービスには、チップを手渡すのが習慣です。ホテルのポーターには荷物1個50セント、ルームメイドには50セント、レストランは料金の10〜15%程度、タクシーは料金の10%程度が目安。お礼の言葉も忘れずに。
■喫煙
2005年1月10日より「禁煙法」が施行され、ホテル、レストラン、バールなどを含め、すべての屋内、公共の場が禁煙。造反者には罰金が課せられる。
■教会・美術館では
教会、美術館や博物館も静粛に見学しましょう。観光客が多い所ではどうしてもざわつきます。時折係員に「シーッ」静かにしろと注意されることも。気をつけましょう。
■服装もTPOを考えよう
多くの教会ではノースリーブ、ひざ出しのミニスカートやパンツでの入場禁止。スカーフやストールで肌をカバーするとOK。美術館では床が板張りが多いので、細いハイヒールや音の大きな靴は禁止。
レストラン
▲レストランは禁煙
美術館
▲マナーに気をつけよう