ドイツの治安

ドイツはヨーロッパの中でも比較的治安のよい国です。常識的な行動をしていれば問題はありませんが、夜の一人歩きなどは控えましょう。

■スリ・置き引き
空港や中央駅では、置き引きやスリによる被害も多数報告されています。貴重品は体から離さないように注意しましょう。
■パスポート(旅券)の紛失
パスポートはコピーをとっておきましょう。もし紛失したら、最寄りの日本大使館か領事館に申し出て旅券の再申請を行ってください。
■トラブルに巻き込まれたら?
万一、トラブルに巻き込まれたら警察に緊急電話を。ホテルのフロントから呼んでもらうこともできます。外国にいることを常に忘れず、自分の身は自分で守るという心構えが大切。
■海外旅行保険に入って行こう
自分だけは安心と思わずに、万一の場合に補償が受けられる海外旅行保険に入っておきましょう。いくら注意していても、アクシデントやトラブルに巻き込まれることが海外では起こります。
セキュリティポーチ

▲便利なセキュリティポーチ

マナー

レディファーストのお国柄。エレベーターや店では女性を先に。また、エスカレーターに乗るときは、急ぐ人のために左側を空けるようにしましょう。

■チップ
サービスを受けた時にチップを渡す習慣があります。1ユーロと50セント(補助通貨単位)は常に用意を。レストランではサービス料込みの場合は必要ありません。タクシーは料金の5~10%程度。
■喫煙
ドイツでは公共の場所は禁煙になっていることが多いので「Nichtraucherplatz」の表示に注意しましょう。レストランなどは、禁煙席と喫煙席が分けて設けられています。
■写真撮影
写真撮影は、禁止区域はもちろん、空港などでも注意が必要です。判断に迷ったら、必ず周囲の人に確認しましょう。また、人物を撮るときは、ひとこと断ってからがマナー。
■服装もTPOを考えよう
教会や寺院ではノースリーブやミニスカート、あるいは短パンなど、肌の露出の多い服装は避けること。高級レストランやオペラ観劇などでは正装の必要がある場合もありますので気をつけましょう。
チップ
▲チップを忘れずに
ウィース教会