ドイツの世界遺産

古くから交易で栄えたライン河畔の町ケルン。その中央駅に降り立つと目の前に巨大な大聖堂がそびえ、高さおよそ157mの天を突く双塔に圧倒されます。13世紀の着工から完成までに、なんと600年余りを費やしたこの大聖堂には、東方三博士の聖遺物が納められています。

司教座が置かれたケルンの聖堂は9世紀に建て替えられ、12世紀には東方三博士の聖遺物(遺骨)が安置されました。東方三博士とは、イエスの誕生時に星に導かれ、幼子のイエスを拝んだとされる3人。その聖なる遺骨を見ようと、ヨーロッパ中から巡礼者が訪れるようになったが、1248年にゴシック様式の大聖堂が建築されることになった矢先、聖堂は火災で焼失。同年に建築工事は始まりますが、資金難などで300年近く中断を余儀なくされ、ようやく1880年に完成をみました。

精緻な彫刻で装飾された2本の尖塔が天空へと伸び、西正面扉口中央には「旧約聖書」の一場面の浮き彫りが施され、高さ約43mを超えるリブ・ヴォールトの円天井と尖頭アーチの聖堂内は、巡礼者を天上へ導くかのよう。大きな窓にはめ込まれたステンドグラスから差し込む神々しい光に満たされ、奥の主祭壇では東方三博士の聖遺物を納めた黄金の棺がひときわ輝きを放ちます。

紆余曲折を経て完成したゴシック建築の最高峰にして、600年以上途切れることのなかったドイツの人々の篤い信仰心の象徴でもある大聖堂には、年間数百万人もの巡礼者が訪れます。

13~14世紀に北海、バルト海を中心とする貿易を独占し、繁栄を極めたハンザ同盟都市。ハンザ同盟は北ドイツの諸都市を中心に結成された自由都市の連合体で、その盟主がリューベックでした。トラヴェ川とトラヴェ運河に囲まれた旧市街全域が世界遺産に登録され、「ハンザの女王」と呼ばれた往時の面影を今に伝えています。

1143年に建設されたリューベックは、13世紀には神聖ローマ皇帝に認められた自由都市としてハンザ同盟を率い、タラやニシンなどの貿易で莫大な利益を上げました。そのシンボルが旧市街の入口にあるホルステン門。町の防衛のため1478年に建造された2つの尖塔を持つ堅牢な門です。旧市街に足を踏み入れると、かつてハンザ同盟の会議が行われたマルクト広場に建つ市庁舎、ドイツ初の福祉施設である聖霊病院、バッハが訪れたというマリエン教会などの歴史的建造物が建ち並びます。また、リューベックは1929年にノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンの出生地。代表作「ブッデンブローク家の人々」の舞台となった家が博物館として公開されています。

最盛期には200を超える都市が加盟し、艦隊を擁し国王さえも凌ぐといわれたハンザ同盟の絶大な勢力も、やがて近代国家の形成に伴って徐々に衰え、17世紀には終焉を迎えます。しかし、リューベックに残されたゴシックの建築群と人々の心の中には、今も13世紀から400年以上続いたハンザ同盟の栄光と誇りが生き続けています。