オーストリア航空の機内食や評判、機内Wi-Fi等搭乗レビュー!

オーストリア航空

オーストリア航空

成田国際空港から、音楽の都・ウィーンまでの直行便を運航しているオーストリア航空。非常に快適なフライトを楽しむことができました。今回は、機内食から座席、タッチパネルディスプレイ、機内サービス、受託手荷物、搭乗までの流れなどをレポートします。

オーストリア航空は、欧州の各航空会社を利用した中でも非常に良いサービスでした。タッチパネルディスプレイでの映画の本数や種類は非常に多く、機内サービスも非常に良かった印象がありました。

夏は毎日運航!成田からの直行便まとめ

2019年、オーストリア航空は夏シーズンのみ成田国際空港からウィーン国際空港までの直行便の就航をはじめました。就航スケジュールは以下の通りです。

運航スケジュール

春シーズン(週6運航)

期間:3月31日から4月29日

  • OS51便 17:45ウィーン発→翌日11:55成田着(日、月、木、土曜日運航)777-200ER
  • OS51便 17:25ウィーン発→翌日11:55成田着(火、金曜日運航)767-300ER
  • OS52便 13:35成田発→18:35ウィーン着(日、月、火、金曜日運航)777-200ER
  • OS52便 13:35成田発→18:55ウィーン着(水、土曜日運航)767-300ER

夏シーズン(毎日運航)

期間:4月30日から10月26日

  • OS51便 17:45ウィーン発→翌日11:55成田着(日、月、水、金、土曜日運航)777-200ER
  • OS51便 17:25ウィーン発→翌日11:55成田着(火、木曜日運航)767-300ER
  • OS52便 13:35成田発→18:35ウィーン着(日、月、火、木、土曜日運航)777-200ER
  • OS52便 13:35成田発→18:55ウィーン着(水、金曜日運航)767-300ER

3月26日よりポーランド航空の成田便が毎日就航!欧州への移動が更に便利に!

2019年3月23日

それでは、搭乗までの流れをご紹介します。

チェックイン

オーストリア航空では、チェックインの方法が2つあります。最近では定番となったオンラインチェックインか、空港の機械でのチェックイン。どちらとも、事前に座席選択や受託手荷物の有無などを登録することができます。

1.オンラインチェックイン

スマートフォン

今や生活必需品となっているスマートフォン

最近ではこの方法が定番となってきました。今まではチェックイン時、大行列に並ばなければいけませんでしたが、この方法を取り入れている航空会社では、並ぶ時間を短縮出来ているため、非常に便利なチェックイン方法です。もちろん受託手荷物を預けたい方は、チェックイン後に航空券を発行された後にチェックイン済みの方専用の受託手荷物受け付けカウンターへ行き、預けることができます。

オンラインチェックインの中でも種類が2つあります。

①ウェブサイトでのオンラインチェックイン

ウェブサイトからのオンラインチェックインは一番安心かつ人気な方法です。

公式ウェブサイトから、ご予約番号または航空券番号、そしてご搭乗の飛行機のフライト番号をを入力し、航空券を印刷してチェックインができます。

なお、オンラインチェックインが利用できるフライトなどの条件もありますので、公式ウェブサイトをご確認の上ご利用ください。

②アプリからのオンラインチェックイン

オーストリア航空の公式スマートフォンアプリケーション(iPhone / Android)からのオンラインチェックインは最も効率がよく、お手持ちのスマートフォンが搭乗券となります。搭乗券紛失のリスクがないため、これも人気なチェックインのひとつです。

そしてこのオンラインチェックインの最も良い点は、ご搭乗のフライト情報をリアルタイムで通知してくれたり、受託手荷物の到着情報も閲覧することができます。

 

2.空港でのチェックイン

空港でのチェックインは、定番ですよね。オンラインチェックインがなかった数年前までは、空港のチェックインカウンターでのみチェックインをすることができました。しかし最近では、混雑緩和のためにオンラインチェックインが導入されて余分な時間をなくすことができており、あまり並ばずにチェックインをすることができます。また、インターネット上でのチェックインをしなかったとしても、空港にあるタッチパネルにて航空券を発行することもできます。

①ディスプレイでのチェックイン

skyteamairfrancecheckin

チェックインの機械

オーストリア航空のチェックインカウンターの近くにあるこちらの機械で、チェックインができます。空港によっては見つけづらいこともありますので、見つけられなかった場合はお近くのオーストリア航空のスタッフの方に聞くと、親切に教えていただけるかと思います。

オンラインチェックイン同様、受託手荷物を預けたい方は、航空券を発行された後にチェックイン済みの方専用の受託手荷物受け付けカウンターへ行き、預けることができます。

②チェックインカウンターでのチェックイン

チェックイン

チェックインカウンターでのチェックイン

チェックインカウンターでのチェックインは数年前オンラインチェックインがなかった時までは定番でした。チェックインカウンターでのチェックインは簡単ではありますが、並ぶ時間もあるのであまり効率的ではなく、おススメできません。

機内サービス

結論から言うと、オーストリア航空の機内サービスは非常に快適です!CAさんも非常に親切で、日本語にも対応されています。

座席

オーストリア航空機内

機内の様子

座席はまあまあ広くて快適でした。3・4・3列シートで、掃除もされていて、とてもきれいでした。

タッチパネルディスプレイ

オーストリア航空の映画

タッチパネルディスプレイ

タッチパネルディスプレイは最新型で、扱いやすかったです。また、USBもあるため、スマートフォンなどの充電をすることができます。このタッチパネルディスプレイでは映画が見れるだけでなく、音楽やテレビなどの視聴、照明のON・OFFや飛行機の場所、到着予定時刻、運転席などから見たリアルタイムの景色、客室乗務員さんを呼ぶなど、さまざまなサービスを利用することができます。

映画

オーストリア航空の映画2

映画の種類

映画の種類は豊富です。日本映画はもちろんのこと、アメリカ映画、アジア映画、さらにはクラシックやオペラなど幅広いジャンルの映画があり、しかも最新映画も多くありました。

機内食

機内食については、夕食が出発後およそ1時間経過してから、朝食は到着前1時間前にいただくことができます。

オーストリア航空の機内食

夕食

オーストリア航空の機内食朝食

朝食

機内食

日本発はそばなどが提供されることも!

まず見た目が三角形のかわいらしい機内食ですね。味も本当においしかったです。

そして、追加でお菓子や食べ物、お飲み物などが欲しい場合は、客室乗務員の方に言えば、いただくことができます。また、機内食はよく余っていることがあります。自分の経験から、ほとんどの航空機では機内食が余ってしまいます。客室乗務員の方ももったいないと思う方が多いようなので、おかわりとしていただくことができることが多くあります。

ただ、こういったサービスは、CAさんが忙しい時間(飛ぶとき、降りるとき、機内食配布時など)は利用は控えるようにしましょう。それ以外の時間は、乗務員さんたちは基本することもないので、CAさんたちとお話したりできます。

その他機内サービス

機内Wi-Fiサービス

海外旅行しながらインターネット

インターネットの利用

最近普及してきている機内Wi-fiサービスは、一部の飛行機で利用することができます。 Eメール、iMessage、WhatsApp、Viber、Line、Skype、WeChatなどメッセージのサービスは3ユーロから(接続速度は最高150kbps)、メッセージだけでなくGoogleなどウェブサイトやアプリなどの利用は7ユーロから(接続速度は最高600kbps)、 YouTube、Netflix、Spotify、Apple Musicなど動画サービスも含めてすべて利用したい方は12ユーロから(接続速度は最高15Mbps)、それぞれ利用することができます。

詳しくは、オーストリア航空のFly netページからご確認ください。

提供されるグッズ

枕や毛布、アイマスク、おしぼりなども提供されます。ただ、毛布は薄いので、上着を携帯しておくことをお勧めしています!

ストライキでの欠航について

ストライキ

ストライキ

オーストリアでは日本と違い、労働者がある要求を貫徹するために集団的に仕事を放棄する、ストライキが多く行われます。ストライキが行われた時の便はすべて欠航となり、振替便として翌日やそれ以降のできるだけ早いフライトに振替対応されます。

日本で航空会社がストライキすることはほぼあり得ない話ではありますが、海外ではまったく違った話なので、仕方がありません。搭乗を予定される方は、事前にストライキ情報があるかチェックしておきましょう。

オーストリア航空のストライキや悪天候、政情不安、安全上の問題が発生した場合などによる欠航時の対応に関しては、公式ウェブサイトに掲載されています。

人気記事

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。